日頃のケアが肝心!妊娠線予防にまつわるエトセトラ

女性

若さを維持する成分

スキンケア

細胞を活性化させる効果が、レチノール配合化粧品にあります。たるみを改善し、使い続けることで、若々しい艷やかな肌を維持できるそうです。肌表面のざらつきも改善されて、なめらかで透明感のある肌に導きます。

詳しくはコチラ

素肌にやさしい石鹸とは

洗顔

洗顔石鹸を活用するプラスの面は、素肌に親和性のあるということが挙げ られます。洗顔石鹸は合成界面活性剤を含有しないので、肌トラブルになりにくいといえます。加えて、皮脂を落としすぎないから、素肌の代謝活動が損なわれません。

詳しくはコチラ

継続したケアで予防

お腹

約7割の人にできる

妊娠をしたら赤ちゃんとお母さんの健康管理とともに気を付けたいのが妊娠線です。妊娠線とは急激な皮下脂肪の増加に皮膚がついていけずに断裂してしまいできる線のことです。できる場所はお腹だけにかぎらず、足や乳房、お尻などにできることもあります。できる場所や本数には個人差がありますが、妊婦さんの約7割に妊娠線ができるといわれています。妊娠線は皮膚の表面ではなく真皮や皮下組織に起こる断裂なので、一度できてしまうと完全に消すことは難しいとされています。妊娠線ができやすい人にはパターンがあります。もともと痩せ型の人、高齢妊娠、アトピー体質、乾燥肌、出産経験者などさまざまですが、いずれも皮膚が伸びにくいために妊娠線ができやすくなっています。

皮膚の柔軟性を保つ

妊娠線は、はじめ赤紫色をしており、やがて赤みがひいて白色に変化しますが亀裂は残ったままになります。どのように目立たなくなるかは人それぞれです。妊娠したら妊娠線の予防も行っておくのが良いでしょう。肌の乾燥は皮膚をつっぱらせ伸縮性を奪います。しっかりと保湿対策が必要です。妊娠線予防専用のクリームも様々なメーカーから発売されています。アロマオイルがブレンドされた肌を軟化させる作用のある植物性オイルなども効果的です。また急激に皮下脂肪を増やさない工夫も大切です。適度な運動や食生活に気を付け、余分な脂肪はつけないようにしましょう。ガードルやサポーターの使用もお腹を支え、皮膚への負担を少なくします。ケアは妊娠初期から初めて継続的に行うのが理想的です。また妊娠線ができてしまってもケアを継続することで亀裂を最小限に抑えることができます。

医師が作った化粧品

化粧品

肌に優しく、アトピーやアレルギーがある人でも使えるのがドクターズコスメです。クリニックで出してもらえるドクターズコスメは、患者の肌質に合わせて作ってあります。余計な成分が入っておらず、市販の化粧品でかぶれやすい人にお勧めです。

詳しくはコチラ